富士・箱根・伊豆の道祖神

伊豆半島に広く分布する道祖神のまねきに導かれて、10年近くかけて多くの道祖神にお逢いしてきました。せっかくなので、伊豆型道祖神の分布や双体道祖神の伝播経路を調べたくなり、静岡県東部にも手を広げ、更に山梨県富士山北麓と神奈川県西部も探しました。

地域の人々が祀り、守られてきた道祖神は、少しずつ風化・摩滅していきます。このウェブサイトで道祖神の姿を記録しましたので、地域の人たちに存在を再確認していただき、大切に見守っていただければ本望です。

対象地域

静岡県伊豆: 三島市・伊豆の国市・伊豆市・熱海市・伊東市・下田市・函南町・東伊豆町・河津町・西伊豆町・松崎町・南伊豆町

静岡県東部: 富士宮市・富士市・御殿場市・裾野市・小山町・沼津市・長泉町・清水町

山梨県富士山麓: 富士吉田市・富士河口湖町・西桂町・鳴沢村・忍野村・山中湖村

神奈川県西部: 箱根町・湯河原町、真鶴町、小田原市、大井町、開成町、南足柄市、松田町、山北町

総数:2,715基(見つかったもの) 2022/3/23時点

市町村別分布

2011/6/29から2022/3月23日までに、2715基の道祖神とお逢いすることができました。文献に載っていても、見つからないものも多数あります。逆に文献・資料に載っていないけれども、たまたま見つかったものもあります。

ひとつの場所に複数の道祖神が祀られていることもあります。最大は、湯河原・川堀の山神社の18基です。

市町村別の分布数(基数と場所数)を、基数の降順で表にしました。

市町村名基数場所数
35市町村2,7152,014
富士宮市317275
小田原市315246
御殿場市236191
伊豆市180149
伊東市17861
沼津市154118
裾野市152106
南足柄市12897
富士市11793
伊豆の国市8972
三島市8662
小山町7865
湯河原町7518
熱海市6225
大井町5644
山北町5442
函南町5245
市町村名基数場所数
松田町4432
富士吉田市3835
箱根町3527
長泉町3324
開成町2924
南伊豆町2624
東伊豆町2619
真鶴町2611
清水町2420
河津町2222
忍野村1710
西伊豆町1613
下田市1515
富士河口湖町139
松崎町1010
西桂町55
山中湖村42
鳴沢村33

区分別分布

その他には、自然石・丸石・陰陽石・丸石・木祠・道標・神社・判読不能などを含む。

  • 峠、村境、辻、分かれ道などの境に祀られている神で、外から疫病や悪霊などの侵入を防ぐ守り神として祀られています。
  • 道祖神は、”どうそしん”、”どうそじん”とも読みます。塞ノ神(さいのかみ)、道陸神(どうろくじん)、衢祖神、猿田彦神、岐神(ふなとのかみ)、などとも呼ばれます。
  • 道祖神の姿は様々で、丸石、神の像、夫婦の像や文字を刻んだものなどがありますが、ほとんどが石造物です。
  • 他の石造物とは異なり、民間信仰から、自由な発想で造られてきた道祖神は、地方色や信仰対象の違いを反映して、様々な形態が生まれました。
  • 道祖神を、地域によってはサイノカミと呼ぶところもあります。[セイノカミ][シャーノカミ]と呼ぶこともあります。
  • そのサイノカミも、[賽の神][塞の神][歳の神][幸神][性の神]と当てられる字が変わります。
  • 厳密には、当てられる字により、サイノカミに込められた祈りが異なるようです。
  • 道祖神は平安時代までさかのぼれるそうですが、起源は不明です。民間信仰に支えられたため、様々な性格が与えられてきました。そのいくつかを紹介します。
  • ●瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が高天原から降りてきた時に、猿田彦神(さるたひこ)が先導を務めたとされ、最前線を護る神として、猿田彦神が道祖神として祀られることがあります。このことから、道行く人の無事を守ってくれる神として、道祖神・衜祖神・道陸神が祀られます。
  • ●猿田彦神と天宇受売命(あめのうずめのみこと)とを双体で祀り、夫婦和合などの幸神としても信仰されています。夫婦和合=豊穣という連想から、豊作の神としても信仰されることもあります。
  • ●古事記のイザナギ・イザナミ神話から由来する説もあります。伊邪那岐神(いざなぎのみこと)は死んだ伊邪那岐神(いざなぎのみこと)合いに黄泉の国まで行きますが、腐敗した妻の姿に恐れをなして逃げ出します。伊邪那岐神は怒り、恐ろしい神に伊邪那岐神を追わせました。伊邪那岐神が逃げる際に投げた杖から生まれた神が岐神です。
  • ●中国の道祖(旅人を導き安全を祈る神)との習合により、道陸神と呼ばれることもあります。
  • ●仏教では、生前の行いによって死後にどの六道に行くか決まりますが、六道のそれぞれの辻には、地蔵菩薩が立っているということから、地蔵信仰と習合して道祖神として祀ることも行われています。
  • ●塞ノ神は、村境に立って、悪病などの侵入を防ぎ、村人(特に子供)を守る神とされてきました。どんど焼きで一年の厄落としします。賽の神(さえのかみ、しゃーのかみ)や岐の神、部落の入口で部落の無事息災を祈る幸神とも呼ばれます。
  • 対象地域での最古の道祖神は、富士宮の双体道祖神(186b)で、貞享二年(1685年)です。最新の道祖神は、沼津の単体道祖神(65)で、令和3年に建立されました。 
  • Ⅰ 元禄から元文期(17世紀末から18世紀前半) 僧の姿(僧形)をした合掌像を主体とする時期。
  • Ⅱ 寛延から安永期(18世紀中葉) 双体で握手する像が出現し、碑型・像容に変化が現れる。
  • Ⅲ 天明から寛政期(18世紀末) 爆発的な双体道祖神の造立期。破風型碑・抱擁像・祝言像の出現。多種多様の碑型・像容が見られる。
  • Ⅳ 文化・文政期から幕末(19世紀初頭から後半) 安定した造立期。合掌像の減少。自然石刳抜と持物像の増加。文字碑の造立。
  • Ⅴ 明治以降(20世紀)

    道祖神・賽の神は、青森県から島根県まで分布するそうです。東日本では、長野県、群馬県、神奈川県、山梨県、静岡県などを中心とする本州中部に集中し、西日本では鳥取県に多いと言われています。

    石仏や野仏という言葉を、聞いたり、口にすることはよくあると思います。狭義では仏である地蔵菩薩・観音菩薩・不動明王などを石材で彫り出したものです。道祖神は、神と名がついてますが、民間信仰の対象であり、石神とは呼んでいないようです。一般的には、道祖神、石仏や供養塔・道標などを総称する場合、石造物と呼ばれているようです。

    私が道祖神に目覚めたのは、かんなみ仏の里美術館のガイド養成講座で函南町の仏像を勉強しているときでした。美術館の初代館長を務められた鈴木勝彦先生が、教員時代から調査されている石造物の事を知ったのがきっかけです。

    函南町には五体の双体道祖神があり、南限にあたるとのことを教えていただきました。私は、尊敬する先生のお話であっても、自分で確かめないと受入ないという疑り深い性質です。まずは、鈴木先生が調べられた函南町の石造物の全てを追認しました。

    それから、徐々に伊豆半島各地の道祖神を調べながら、双体道祖神が無いか探し始めました。趣味の写真撮影やジオパーク活動の際にも、道祖神にお目にかかることが多いので、相乗効果として楽しんでいます。

    道祖神を探すヒントを得たり、ウェブサイトへの整理には、下記の文献を参考にさせていただきました。偶然に道祖神に出逢うこともありますが、先人たちの探索が無ければ、これだけの道祖神は見つからなかったでしょう。

    富士山 双体道祖神マップ
    戸川浩
    富士宮市・富士市
    私の中の道祖神 第一部
    吉川静雄
    三島市・他
    富士市の歴史文化探訪 古路の石造物
    富士市 文化振興課文化財担当
    富士市
    富士市の石造文化財(第1集~第5集、1989)
    富士市教育委員会
    富士市
    富士川町の石造物
    富士川町教育委員会
    富士川町
    富士山麓の道祖神(旧駿東郡)
    吉川静雄
    小山町・御殿場市・裾野市・長泉町・清水町、沼津市
    小山町・御殿場市の道祖神・庚申塔
    小山町・御殿場市
    御殿場の石仏(上・中・下)
    御殿場市教育委員会
    御殿場市
    御殿場の道祖神
    御殿場市文化財調査委員会
    御殿場市
    裾野の石造物 種類別編年表
    裾野市
    裾野市
    裾野の石造物 上・中・下
    裾野市
    裾野市
    裾野の道祖神
    裾野市鈴木育英図書館
    裾野市
    長泉町内石造物写真集
    長泉町
    伊豆のサイの神 前編・後編
    吉川静雄
    三島北上・石の神さま仏さま
    三島市北上
    ふるさと錦田の石造物(二)
    三島市錦田
    函南町の石造物
    函南町教育委員会
    函南町
    清水町の石造文化財
    清水町
    愛鷹の石仏・石神
    沼津市教育委員会
    沼津市愛鷹
    大平の石仏・石神
    沼津市教育委員会
    沼津市大平
    原の石仏・石神
    沼津市教育委員会
    沼津市原
    香貫・我入道の石仏・石神
    沼津市教育委員会
    沼津市香貫・我入道
    戸田村の石造物
    戸田村教育委員会
    沼津市戸田
    伊東市の石造文化財
    伊東市教育委員会
    伊東市
    伊東-石仏石神誌
    伊東市立伊東図書館
    伊東市
    東伊豆町の石造物
    東伊豆町教育委員会
    東伊豆町
    河津町の石造文化財
    河津町
    大仁の石仏たち
    旧大仁町
    修善寺町の道祖神
    修善寺町教育委員会
    旧修善寺町
    天城湯ヶ島町の石造物
    天城湯ヶ島町教育委員会
    旧天城湯ヶ島町
    神社寺院誌[宗教石仏編]
    中伊豆町教育委員会
    旧中伊豆町
    土肥の石造物(路傍編)
    土肥町教育委員会
    旧土肥町
    ふるさとの石仏・石祠等を訪ねて
    西伊豆町教育委員会
    西伊豆町
    松崎町資料編 第四集 民俗編(上巻)
    松崎町教育委員会
    松崎町
    ふるさと下田の石造物
    下田郷土研究会
    下田市
    伊豆の道祖神と滅び行く性神秘仏を訪ねて
    林久統
    石仏入門
    日下部朝一郎
    日本石仏事典
    庚申懇話会
    折口信夫全集 第16巻(道の神・境の神)
    折口信夫
    富士吉田の文化財・路傍の石造物
    富士吉田市教育委員会
    富士吉田市
    歴史民俗博物館・企画展解説書
    富士吉田市歴史民俗博物館
    富士吉田市
    甲斐路ふるさとの石造物
    山梨日日新聞社
    富士吉田市・富士河口湖町・鳴沢村・山中湖村・忍野村
    神奈川県道祖神調査資料集
    金井晃
    小田原市

    このウェブサイトの情報(説明・地名・読み・写真・地図など)をできるだけ正確に記載しようと心がけていますが、勘違い・間違いがあるかも知れません。

    不正確な点がありましたら、笑って許していただくか、ご連絡ください。

    また、対象地域でまだ見つかっていない道祖神もたくさんあります。

    道祖神に相当する情報などがありましたら、こちらのメールで教えていただければ幸いです。

TOP